2012年 福井県本部夏季合宿

 2012年8月25日(土)13時、いよいよ皆が楽しみにしていた!?福井県本部主催夏合宿が始まりました。 まずは柔軟体操から始まり基本稽古と、ここまでは普段の稽古と変わりません。
 さてここからが合宿メニューになります。 移動稽古で突き1000本、そして蹴り1000本の合計2000本です。 休憩は突き、蹴りの間の1回のみ…。この日も相変わらずの猛暑日で体育館はサウナ状態…。 1名の脱落者は出たものの幼年〜壮年まで皆頑張ってやり遂げました。すごい根性!!
 それから各帯に分かれて型発表会を行いました。やはり帯が上がるにつれて難易度は上がりますが、完成度も高く、良かったと思います。 合宿初日最後を飾るに相応しい誰が最後まで残るか『腕立て伏せ天下一武道会』を開催しました(笑) 上位2名にはサポーター又は道着又はミットのお好きなのをプレゼントと賞品マッチとなり、白熱した腕立て伏せが繰り広げられました。 何と中学生、高校生が脱落していく中、小学1年生の中川竜慶君と小学5年生の高橋一樹君が勝ち残り見事新品の道着をGETしました。 初日のツラい稽古はこれで終わり後は美味しい夕食と楽しいレクレーション(花火とじゃんけん大会)で盛り上がりました。 1日の締めは大浴場での入浴タイムです。癒されます。ふ〜気持ち良い〜。
 子供達はテンション上がり過ぎて消灯時間を過ぎても冴えまくりで先生方、父兄さん方に叱られて怒られてやっと就寝といった感じですが、 中には一睡もしてない子や1-2時間の睡眠の子も何名かいてビックリです。2日目の稽古大丈夫か?と心配になりました。
 8月26日(日)合宿2日目突入です。 初日の疲れが残り全身が筋肉痛の中、早朝6時から2kmのマラソンをして『太陽の広場』にて坂道ダッシュを数本…、皆早朝からなのか 睡眠不足からなのか顔色が悪いです。(笑) そこは気にせず鬼教官!?の細井先生はガンガン走らせてました。(汗)そして宿泊施設に戻り朝食をしっかり食べて稽古に挑みます。
 2日目は学年別、帯別に別れての実践練習です。ミット→受け返し→スパーリングとかなりハードなメニューです。 しかし子供達は寝不足も何のその気合いと根性で頑張ってました。2日目は本部から石井先生、山本先生が遠方より参加して下さいました。 中学生〜一般の部のスパーリング祭りに入っていただきました。私は普段稽古していない相手ですし、お二方共強くてすごく楽しかったです。 他の先生方や道場生も勉強になったと思います。本当にありがとうございました。
 最後に皆で集合写真を撮って福井県本部の夏合宿は終了しました。大きな事故も怪我人もなく無事に終えた事にホッとしています。 子供達は『練習辛かったけど楽しかった♪』と言っており合宿をやって良かったと思いました。辛くても仲間が沢山いるからやり遂げる事が出来、 それが達成感となり楽しいという言葉にに繋がったのだと思います。
 合宿の準備をして下さいました山口支部長、細井先生、藤野先生ありがとうございました。また沢山の差し入れとお手伝いをして下さいました鯖江、南越前、 今庄道場の保護者の皆様には多大なる感謝とともにこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。 押忍
                                  嶺南支部長 中川和英
写真をクリックすると大きい写真がご覧になれます。
   
   
極真坂本派の歴史・概要 昇段審査・有段者紹介審判の手引き・講習会情報・公認審判紹介レンタルスタジオ 詳細はこちらをクリック



Copyright(c) 2006,International Karate Organization Kyokushinkaikan Sakamoto Dojo. All Rights Reserved.