極真空手 坂本派TOP坂本派のご案内(目次) →坂本派の沿革・概要

坂本派の沿革・概要

坂本派全般に関するお問合せ

●坂本派本部事務局
  〒224-0021神奈川県横浜市都筑区北山田1-14-21極真会館港北道場
  tel 045-593-3747 fax 045-592-4239
  e-mail secretariat@kyokushin-sakamoto.com
●各地区道場・同好会(東京・神奈川・栃木・群馬・福井)に関するお問合せは、直接電話でお願いします。各地区道場・同好会の連絡先一覧はこちらです
●全国の極真会館に関するお問合せはこちらでお受けしておりません。
 お手数ですが、Yahooなどの検索サイトから地域名で検索をお願い致します。
 
沿  革
1993年 東京城南支部田町道場開設
1994年 4月26日、創始者大山倍達総裁逝去、極真会館分裂
1995年 11月、東京城南支部分裂、全国支部長協議会派東京城南・川崎支部 の分支部となる
1996年 武蔵小山道場開設
1998年 全国支部長協議会派の支部に昇格、東京坂本道場となる
1999年 分支部として新小岩道場開設(責任者:尾谷誠
2001年 1月、支部長協議会派脱退
10月、東京都ジュニア大会開催
12月、第33回全日本大会を中央区立総合スポーツセンターにて開催、全日本極真連合会発足、東京城南本部として加盟
以降、毎年各種大会を開催
2002年 分支部として高砂道場開設(責任者:尾谷誠
2003年 港北道場開設
2004年 6月、新極真会(旧支部長協議会派)栃木支部分支部長4名移籍(栃木県本部となる)。
2004年〜2007年まで、極真会館東京極真空手道連盟という名称で活動した。
2005年 4月、衆議院議員 鳩山由紀夫氏に名誉会長に就任して頂き、当連盟昇段状並びに競技会表彰状用に直筆サインを預かる。以降、鳩山由紀夫氏との交流が継続。(内閣総理大臣在任中、2009年9月16日〜2010年6月8日の期間は交流を控えた)
10月、座間道場開設。
2007年 活動エリアに合わせ、団体名称を極真会館全関東極真空手道連盟坂本道場とする
2011年 福井川口道場加盟、活動エリア拡大に伴い、団体名称を極真会館坂本道場とする
2011年 国際武道空手道連盟極真会館(会長:極真会館ニューヨーク 金村道場代表:金村清次師範)を立上げ、極真CUP全日本大会開催の主管道場となる
2012年 県本部制を導入し、団体名称を極真会館坂本派と改名
2013年 役員会として執行部会の本格的活動を始める。
7月、イラン支部(フェレイドン・フィルージ支部長、道場数10、会員総数500名)誕生。
11月、パキスタン(ムハマド・ナシル・カン支部長、道場数3、会員総数135名)加盟。
2014年 1月、インド(マハデブ・ブランハ支部長、道場数13、会員総数500名)加盟。
5月、イラン支部長を中東本部長に任命、中東本部設立。
10月、東京下町本部(田中亨本部長)設立。同本部金町道場(責任者:田中亨)設立。
12月、本部直轄群馬太田同好会(責任者:末永正人弐段)設立。
2015年 2月、栃木県本部小山道場(責任者:戸沢賢治弐段)開設。
2月、中東本部主催中東大会(イラン・マザンダラン州)に2名の選手(中島・内藤)を送り、中島が-85kgs以下級で優勝。
3月、チリ(ロドリゴ・カスティーリョ支部長、道場数6、会員総数100名)加盟。
11月、東京城南本部田町道場の活動場所を港区5-15-5泉ビルから、港区公共施設に変える。 これに伴い、本部事務局を神奈川県横浜市都筑区北山田1-14-21港北道場に移す。
2016年 7月、中東本部主催中東大会(イラン・ヤズド)に1名の選手(藤沢)を送り、藤沢がベテラン階級で優勝。
6月、本部直轄群馬太田同好会(責任者:末永正人弐段)退会。
11月、執行部会・本部長制を休止。
2017年 2月、チリ支部主催全チリ大会(チリ・コキンボ州ラ・セレーナ)に2名の選手(山本・椿力哉)を送る。

坂本派 概要

本部事務局: 〒224-0021 神奈川県横浜市都筑区北山田1-14-21
港北道場 Tel (045)593-3747 Fax (045)592-4239
会員数: 2700名(国内1700、海外1000、平成28年6月30日現在)
登録有段者: 279名(平成28年6月30日現在)
加盟道場数: 63箇所(国内38、海外25、平成28年6月30日現在)
活動状況: 審査会(各地区毎に年3-4回)
内部試合・審判講習会(各地区毎に年2-4回)
全日本大会・全国Jr大会・全関東大会・神奈川県大会・福井県大会
合宿(各地区毎に年1回、本部主催年1回)
その他、各地区行事に積極的に参加

坂本派 理念

「頭は低く、目は高く、口を慎んで心広く、孝を原点とし他を益する」 大山倍達総裁が残された極真精神が宿った「文武両道」にたける青少年の 育成を目標としています。

坂本派 道場生の心得

一、 礼儀正しく、明るい道場を目指そう。
    挨拶を徹底して行い、礼に始まり礼に終わる。基本の原点である。
一、 道場は稽古の場であり、上下はない。常に相手を尊重し合うこと。
一、 軽はずみな言動は慎もう。
一、 色帯は姿勢を正すこと。特に黒帯は道場の顔である。 身だしなみにも
    気を配ること。
一、 上にたつ者ほど頭を垂れるものである。威張る人は小さい人間である。
一、 自分を高め、常に一段階上をチャレンジしよう。
一、 人から言われて行うのではなく、自分から進んで行うことにより、身につく
   ものである。
一、 武道空手は決して人を傷つけることが目的ではない。
一、 道場行事には進んで参加し、多くの人と接し、学び、自分自身のバネ
   とすること。
一、 失敗を恐れず、常に外に目を向け、視野を広げること。
一、 人のせいにするな、問題はいつも自分自身にある。
一、 常に謙虚に、自分自身を見つめる目をもつこと。

                                    極真会館坂本派
                                    師範 坂本恵義

極真坂本派の歴史・概要 昇段審査・有段者紹介審判の手引き・講習会情報・公認審判紹介レンタルスタジオ 詳細はこちらをクリック



Copyright(c) 2006,International Karate Organization Kyokushinkaikan Sakamoto Dojo. All Rights Reserved.